まつげエクステは違和感が無い

まつげエクステは違和感が無い

誰でも一度はダイエットをした経験を持っているかと思いますが、そのダイエットでリバウンドしてしまった方もいるでしょう。
ダイエット最大の天敵であるリバウンドを防ぐためにはエステで痩せやすい体質を作ることが大切なのです。 一重まぶたが二重まぶたへと変わることも、まぶたを上げる効果がまつげエクステをすることで期待出来ます。
まつげのデザインだけではなく、一重で悩んでいる人は、二重という大きな美容を実現できます。
目元をハッキリさせ毎日のメイクも必要無くなり、まつげエクステを受けることでマスカラを付ける必要が無くなるのです。
普段通りの生活をおくることが出来、日常生活で必要な洗顔やシャワーなども全く問題ありません。

 

まつげエクステというのは、付けまつ毛では、わざわざ取り外しをしなければいけませんが、その必要も無くなり、さらに違和感の無い、自然な仕上がりとなります。
ついつい見せびらかしてしまいたい気持ちが出て、あからさまに「いかにも感」もありません。



まつげエクステは違和感が無いブログ:17年10月30日

子どもは睡眠中に成長する。
日中に食べた食べる事をエネルギーに変えて、
それを全身に送ってからだを成長させていく。

そのため8時起きた時点で
膀胱には汚い水分が溜め込まれ、
大腸にはからだ全身から送られた老廃物と毒素が溜まり、
排尿や排便の時間を待っている。

8時は排泄の時間であって、食べる事の時間ではないので
排尿や排便を最優先させなければならない。

なので
子どもが8時起きたら、
小便をさせ、大便をさせよう!

からだ内の老廃物や毒素を全て出し切ればこそ、
食べる事を取ることができるようになるのである。

もしも排泄が終わっていないのに、
8時食をとってしまえば、
消化吸収は排泄を阻害するので、
子どもは途端に排泄ができなくなってしまう。

8時起きたらコップ1杯水を飲んで、
排便を促すようにしよう。
子どもの場合、これだけで排便しやすくなる。

また
排便は重力の力を使って押し出されるので、
8時起きたら、寝っ転がったり、座ったりさせないで、
からだを立たしておくことも大切。

辺りをウロチョロ動き回っていると、
重力が自然にかかってきて、ウンチが押し出されてくる。

気をつけるべきことは、
8時から子供にテレビを見させてしまい、
子どもを座らせてしまうこと。

これをやると
ウンチがなかなか出なくなってしまうのだ。

また 
子どもが小便や大便をしたら、
とにかく褒めてあげよう!

排便・排尿をすれば
ママが喜んでくれるということが脳にインプットされると、
子どもは自然に排便・排尿をして、
ママを喜ばそうとする。

ママが排便・排尿に無関心でいたら
子どもはあえてしなくなってしまう。

排便・排尿をしたら、
大袈裟なくらい褒めてあげるようにすれば、
毎日の排便や排尿がスムーズにいくようになる。


ホーム サイトマップ